経済的理由よりも心情的な動機が大切な家族葬

家族葬は、多額の費用がかかるという経済的な理由で一般的な大規模お葬式を選ばなかったケースもありますが、ごく近親者だけで心ゆくまで故人をしのびながら、ゆったりとした時間の中で最後のお別れをしたいという理由で選ばれるケースもあります。そして結果的にこの選択がよかったと感じられる方もいます。

お葬式は社会的儀式という側面があることは否めません。生前、仕事でお付き合いがあった方、プライベートでお世話になった方、趣味やスポーツ仲間など、故人と生きている人々との今生の別れの場であり、故人の死を受け入れる訣別の儀式でもあります。しかし現実には大規模になればなるほど、遺族としては故人とお別れをする余裕がもてないというケースはよくあります。高齢者の伴侶を亡くした場合、残された高齢の喪主が会葬御礼の挨拶がきちんとできないとか、体調を崩してお葬式場から退席せざるを得なかったということもあります。

その点、家族葬はごく近しい親族だけで執り行うのが原則ですので小規模なお葬式になり、大規模お葬式のような負担感が軽減されます。集まった人々も親せき一族ですから気心も知れていますし、形式ばった進行をする必要もありません。遺族がだれに遠慮することもなく故人をしのび、安らかに眠ってほしいと願って、納得した上で出棺にいたるという流れができやすいのです。お葬式費用が安く上がるからという理由もあるでしょうが、それよりも、残された家族の心を癒したいという心情的な理由から家族葬は価値観の多様化が尊重されている現代において大切な選択肢です。